逆求人 1/20 ITエンジニア【チャレンジ】に参加した話

概要

ジースタイラスが主催する逆求人というイベントに参加してきました。 逆求人とは、企業の人事、エンジニアと直接話せる就活イベントです。

www.studenthunting.com

その流れ、感想を書いていきたいと思います。

前日まで

開催日前日までにやることは、三つあります。

一つ目が、運営側の人との面談です。
私は、筑波大学生の就活支援をしているクロノファクトリーと言う会社のイベントに何回か参加していて、そこの方と面識があったので、その方と面談をしました。どうやらクロノファクトリーとジースタイラスは、提携してるみたいです。そこで、簡単な流れやどう言う方針で、逆求人に参加するかみたいな話をします。

二つ目が、逆求人のWebページのマイページを編集です。
これは、当日印刷して企業の方にもくばられるようなので、結構しっかり書いておくといいと思いました。これを参考に逆求人の時面談する人を決めてるようです。

三つ目が、逆求人の本番で人事の方に見せるスライドの作成です。 私の場合は、ジースタイラスの参加が決定したら送られてくるURLにある作り方を参考にスライドを作成しました。

ここまでが会場にいくまでにやっておくことです。

当日の流れ

f:id:maru-taka:20180121000705j:plain
ITエンジニア逆求人プログラム

このプログラム通りに進みます。

 最初に全体の説明等々があって、企業との顔合わせがあります。
ここで、自分に興味を持ってくださってる企業が挨拶と名刺を渡しにきます。ここで、こないと面談に来ることはまずないと思います。(ここできても指名されるとは限らない)
 この後、1時間10分昼休みがあるので、企業によっては、「一緒に昼ごはんどうですか」と顔合わせの時ついでに誘うとこもあります。
 昼休憩の間に企業側が面談したい学生をWebページを通して選択し昼休みが終わる頃には、面談の日程が決まっています。

f:id:maru-taka:20180121004355p:plain
面談調整webページ

 こんな感じのページで、ここから面談の予定の確認や相手が第1,2,3希望の場合は、こちら側からわかります。これがいい感じにスケジューリングされて、日程が決まります。
 全8タームなのですが、7タームは、企業とで、1タームだけ時間つぶしみたいな他学生との練習みたいなのがありました。この時間が個人的には、他の人のやってること聞けて楽しかったです。
 この休憩と面談を繰り返して、8タームあります。
 最後にスカウトタイムっていう時間があって特にもった学生がいた場合企業の方がお話ししにきたり、企業側からは、指名したが面談できなかった人に話ししに行ったりしてました。
 こんな感じで終わってアンケート記入して終わりです。
 一週間以内にG-Valueという企業からの感想レポートみたいなのが届きます。フィードバックがあるのは嬉しいですね。

アドバイス?

 私は、夏から授業外でやってるボートレースのやつとかの話を主にしました。
 そういった授業外で趣味でやってることがないと厳しいかなと思いました。厳しいというのは、企業の人の反応がよくないってことです。チャレンジでもそうだったので、普通のやつだともっとそうなのかなと感じました。

感想

 私は、今回逆求人に参加するのが初めてでした。
 でも、友人からどんなもんか聞いていたし、割と調べていたので、思った通りのものでした。
 私は、今回、今自分がやってることが企業の方からみてどうみえるかって言うのを聞きたくて、行ってるという明確な目的があったので、こんな、各企業に絶対聞きたいみたいなことがあると、スムーズに進むかなと感じました。
 私は、正直に言うと院進か就職か迷っていて、就活と言うかは、両方の可能性を考えた上での相談で人事の人とも話して見たいと思い参加しました。しかし、企業の方は、人事、エンジニアの両方が、企業としての目線で私がしているものづくりの感想を述べていただいて、採用のためにきてるのに迷惑といった態度のところはなくいろいろな話ができました。
 総じて参加してよかったと思います。企業の人にプレゼンしたときの受けの良し悪し、就活の時どういう風にアピールするのが効果的かなどが、わかってよかったです。
 2/10のITエンジニア逆求人にも参加する予定なので、またいろんな話をして見たいです。